福岡天神にウィークリーマンションを借りて2週間滞在してみた結果

恵比寿は最高。

ご飯美味しいし、住みやすいし、意外に下町なところも大好きだ。

でも福岡も最高なはず。

仕事と友人と会う予定のため福岡に行くことになった。

本当は2泊3日くらいの予定だったんだけど、どうせなら2週間くらいいて生活してみたら何か面白いものが見えるんじゃないかと思ったのでウィークリーマンションを借りてみることにした。

三代目JSBかなんかのコンサートと日程が被ってしまい、ホテルがどこも埋まってたというのも理由の一つ。

最近中国人が増えたかなんかでホテル2ヶ月前とかじゃないと適正価格で空き部屋がなくなってるらしい。

今回は福岡での短期滞在をメインに住んでみて分かったことを共有したいと思う。

これから行こうと思っている方の役に立てれば。

福岡のウィークリーマンションは天神に決めた

場所は親富孝通り。

本当は大名という場所に借りたかったのだけれど、その周辺あまりウィークリーとして短期滞在できるような場所があんまりなかった。

見つけられても築年数1980年代とかウォシュレット付きトイレがないとか、衛生環境しっかりしてないと生きていけない僕にとっては致命的。

それに建物が古いくせに1日あたりの賃料も高くコスパに見合わなく感じた。

その結果選んだのが親富孝通りにあるサヴォイ天神スクワイヤーというマンションだ。

築年数も5年前ほどだし、ビル下にメルチャリのポートがあってこれなら便利かなと思った。

東京だと聞き慣れないけど、メルチャリはメルカリが運営するレンタサイクル、登録すればバーコードを読み取るだけで鍵が開く簡単仕様。

バルセロナのDonkey Republicとかとは大違いでとにかく便利。

チェーン式でなく備え付きの輪っか型チェーンをバーコード読み取るだけで簡単に解錠される。

この形式だと柵や電信柱にくくりつけないでも駐輪できるし、簡単だから便利。

バルセロナでは不便な目にあった。

話を戻す。

部屋は1Kの大学生が暮らすようなマンション。

マンションも部屋もきれいだった。

しかし足りないものが一つ、それはマットレスの質。

完全に見落としてしまったが、僕、マットレスが安物で体にフィットしないと寝れない。

硬いし軋むし嫌な夢を見る。

環境が変わると体調を壊すというけれど、個人的にはベッドのせいだと考えている。

起業駆け出しのときに購入した楽天の3万くそマットレスのせいで疲れて仕事から帰ってきても翌日全く疲れが取れなかった。

そのせいで集中力が落ちたりして効率が低下しているように感じたから、とにかくお金が入ったら何よりも先にいいベットがほしいと考えていた。

恵比寿の自宅にあるベッドは東京スプリング工業の最高級モデル、アワーグラスマエストロ、価格は30万くらいのものだ。

これがもう本当に最高なの。

新宿の大塚家具へ行き、シモンズ、シーリー、大塚家具のオリジナルブランドを試した後、ネットでリサーチしているときにアワーグラスというマットレスにたどり着いた。

高級ベッドは対面販売だから営業色が強く、あの手この手で僕の財布を緩めようと必死な営業マン、苦手である。

心の中の天の邪鬼が僕にネットでアワーグラスを買えと囁いたが、この選択は間違いではなかった。

100万円ほどするシモンズのマットレスよりもなんといっても値段半分以下なのにも関わらず、寝心地が完全にタイプ。

その日からぐっすり眠れるようになってQOLが爆上がりし、結果年収も上がった。

僕の人生教訓の一つ、「ベッドはケチるな」である。絶対いいもの買った方がいい。

また脱線した。

福岡親不孝通りで借りたウィークリーマンションはまとめると、

  • 立地は良かった
  • 部屋もきれいだった
  • だけどマットレスがNO GOOD

これだけ覚えておけばいいと思う。

マットレス我慢できる人なら土日で値上がりするホテルよりも宿泊の選択肢としてウィークリーはありだと思う。

サヴォイ天神スクワイヤーはCATSというナイトクラブの裏にあり、パリピな成人男女目線でもいい場所かもしれない。

2週間福岡に滞在して思ったこと

さて、短期滞在した福岡での過ごし方と合わせて、滞在して思ったことを箇条書きにしてみる。

  • 東京より飲食店のコスパいい
  • とにかくお魚が美味しい
  • 中洲は東京価格で高め
  • ホテルなら大名がおすすめ
  • 美人が多く性格もいい
  • メルチャリ便利
  • シーシャバー少ない

思い出したら追記していくけどこんな感じ。

思い入れの深い項目に関しては下記で深堀りして紹介していく。

福岡で美味しかったおすすめグルメを紹介してみる

福岡滞在中一番楽しんだのは間違いなくグルメ。

とにかく美味しいご飯屋さんがたくさんあるのが福岡のいいところ。

東京の恵比寿と比較してコスパがめちゃめちゃよく感じる。

恵比寿だったらちょっといい感じのお店に入ったら軽く1人1万円は超えるが福岡なら五千円あればわりと満足できる。(いや、いいところ行ったらもうちょい掛かるかも。)

実際行ってみたお店は下記。

他にもここで紹介する10倍は外食してるけど、わりと予約が取りやすく美味しいお店をあえて5つに絞って紹介してみる。

  • たんか(牛タン専門店)
  • 割烹かわた(海鮮メインの割烹料理屋)
  • 肉の雷橋(炉端焼き)
  • SHINSHIN(ラーメン)
  • 越後屋(モツ鍋)

たんか

バチボコ美味い牛たん専門店。

東京ではありえない値段でめちゃめちゃ美味しいタンしゃぶと牛テール焼が頂ける。

タンしゃぶの幸福度が尋常じゃなくて、無口な友人からハンターハンターゴレイヌの名言、「えげつねぇな」が飛び出すほど。

そうとにかくこの値段でこの味はえげつねぇ。

食べてみてください。

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40021035/

割烹かわた

かわたは昔から4,5回と何度もリピートしてるお店で行ってるし、福岡で一番好きかもしれない。

ちょっとグルメな人におすすめを聞いてみると「せいもん払い」という回答が返ってくるだろう。

これは間違いじゃない。

実際せいもん払いのお刺し身はありえないほど新鮮だし東京と福岡の違いがわかるいいお店だ。

しかし、だからこそあえて割烹かわたへ行ってみて欲しい。

他人と違う経験があなたを差別化する。

中洲の歓楽街ど真ん中で割烹を食べることができるからその後色々動きやすい上に料理の完成度が高い。

全部のメニュー感動したけど、エビのバチバチ、ゴマ鯖、ひれ酒は頭一つ抜けて美味しかった。

締めの明太茶漬け。

たまらん。

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40014234/

肉の雷橋

何やら物凄い炉端焼きの店があるらしいと知り合いに紹介されたお店。

ここはお肉を炉端で焼いて提供する雷橋グループの肉専門店という位置づけ。

近くには海鮮、野菜をメインにする同系列店舗もあるがおすすめはこちら「肉の雷橋」。

写真を見てほしいけど丸腸をまるまる炉端で焼いてハサミで切ってかぶりつく。

甘いホルモンの脂と炉端で焼き上げた表面パリパリ感、めちゃめちゃビールが進むのだ。

普段飲んでも数杯のビールがこの日は5杯ほど飲んだ記憶がある。

目の前で焼いてくれるのでデートにもおすすめかもしれない。

博多らーめん ShinShin 天神本店

豚骨ラーメン屋さんで個人的に一番美味しかったお店。

ここと赤のれんはシンプルに美味しいなと感じた。

一蘭や一風堂も美味しいけれど食べてみて予想を上回った経験が一度もなかった点では、心を動かされたSHINSHINが最強かなと思う。

豚骨ラーメンも美味しいけれどここにはサイドメニューも充実していて楽しい。

お店も活気あるし。

ただ一点、待ち時間が長く入るまで大変で天神の店舗は特に行列がすごくて2回ほど断念した。

博多の地下にある店舗は全然混んでなかったので用事があればそっちで食べることをおすすめする。

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40004980/

鮨 麻生 平尾山荘

天神からタクシーで10分ほど走らせると住宅街に見える隠れ家的なお鮨屋さん。

門をくぐってからピンポンで入るんだけど高級感に溢れてて良い時間を過ごせそうな雰囲気がすごい。

夜は紹介制のお店なんだけどランチ利用はどなたでもOK。

陽気な大将が美味しいお寿司を握ってくれる。

コスパめちゃめちゃいいと思ったランチ、当然のごとくビールを飲んだ。

美味しかった、ちなみに僕はお鮨が大好き。

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40031337/

福岡の女性は美人が多い

福岡の女性はやっぱりきれいな人が多いように思う。

話によれば、女性の人口の方が多いから女の子が余っているとも聞いた、これは東京のハイスペ男子諸君、チャンスではないだろうか。

そもそも女性の供給が多い福岡へ東京のハイスペ男子が行けば、福岡において最強クラスになれるのは間違いない。

理論上で言えば選び放題なわけである。

この仮説を元に福岡へ行ってみたところ面白いことが分かった。

2週間福岡へいたからいろいろな美人と話す機会があったから色々聞いてみたらこんなことを言う女の子が多かったのだ

  • ある程度ちゃんと働いてくれてればそこまで男性のスペックは気にしていない
  • お金稼いでるということよりも一緒にいて面白いとか優しいとかそういう方が大事なの
  • お金なかったら私も働くから大丈夫だよ

天使のように思えた。

普段東京で奢ってもらって当然、スペックないと見向きもしないような女性と知り合うことが多く、正直疲れ切っていた。

一方、福岡。

男性を立ててくれてお金よりも人格を見てくれる人の方が多いように思えた。

実際彼氏がいる美女に話を聞いたところ年収300万程度のサラリーマンをしていた。

すごい。

まとめ:福岡行くときは中期滞在でこそ魅力がわかる

時間的自由が方は是非2週間ほどの滞在をおすすめする。

旅行で2泊3日もいいけれど、2週間住むことによって色々な街の顔が見れる。

昼過ぎに起きてフラフラ散歩しながら探す大名のランチも楽しいし、メルチャリで遠出する一人の夜も楽しかった。

あと、できることなら福岡で友人を作ることをおすすめする。

福岡行く前に自分のコネを使って住んでいる友達に連絡してみるのはどうだろうか、きっと楽しい時間を過ごせると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です