静龍苑で絶品のタン塩を頂いてきた

タン塩。

初めて食べたのは中学生くらいだったと思う。

食べず嫌いの両親の元で育ち、焼肉へいったらカルビとロースという謎の縛りがあって、それ以外の食べ物があることをそもそも知らなかった。

ハラミは横隔膜で食べようと思ったこともなかったし、タンなんて食べるもんじゃないみたいなテンション、ある日友人の家族とご飯へ行くことになって初めてタンやハラミを食べる経験をした。

その時食べたタン塩が美味しすぎて美味しすぎて、その時の味が忘れられず、それから僕の好物の1つにタン塩が入った。

そして時は過ぎ、成人を過ぎてお酒を飲めるようになった。

好物のタン、好きなハイボールを飲んでみた。

圧倒的な幸せを感じることができた。

大人になると味覚が変わると言われるけど、僕はずっとタン塩が好き。

そんなタン塩好きな僕、恥ずかしながら東京最強のタン塩が食べられるとの噂の静龍苑の存在を知ったのはここ数年の話である。

どこ口コミを読んでも「タン塩が非常に美味しい」とか「タン塩を食べて悶絶」とかタンを食べての感想に悪い内容が一つもなかったのだ。

これは行くしかないと思い電話を掛けてみると全くつながらない。

毎日かけてみるとやっと繋がり、予約は次の月末で、しかも5時からの席だったら取れるとのこと。

行くしかない。

仕事をこの日のためにすべて終わらせておき、前日はタン塩を食べるために少なめ、当日のランチもバターコーヒーだけ飲んで清澄白河まで向かった。(森下から移転したらしい)

清澄白河に到着!

なんだこのローカル感!

静龍苑の方向へ歩いていくと橋を渡るんだけど、夕方の景色がなかなかエモい。

昔こういうところで遊んだな感が凄い出ててなんだか童心に帰れそう。

清龍園に到着!

静龍苑についた!!!

お店に入ると食べログやインスタでたくさん見かけたお母さんの姿が!!!

もはや僕の中では有名人なんだけど、相手は僕のことなんて知らないし、会った感想をその場で言うのもなんだかなと思ったからあえてのポーカーフェイスで喜びを押し潰した。

着席してメニューをチェック!!!

静龍苑にはルールがあって、塩系は最初しか注文することができないのだ。

なにかの間違いで4人でいって2人前とかにしてしまったらもう後の祭り、絶品タンのお代わりをすることができなくなる。

だから僕は1人前は最低でもタンを注文することをおすすめする。

僕は大好物だったのに2人前にしてしまったことを後悔してる。(戒めのためにブログを書いている。)

注文したメニューは以下参照

(2人で行くひとは参考になるかも。)

塩のメニュー

  • タン塩2人
  • ミノ1人前
  • 中タン1人前
  • ユッケ2人前

タレのメニュー

  • 上カルビ
  • 上ロース
  • 上ハラミ
  • ミノ
  • レバー

サイドメニュー

  • スープ

人生で一番美味しいタンが運ばれてきた

このタン、見て欲しい。

シンプルに美しい盛り付け。

ミノを注文すると上に乗っけてくれるからインスタ映えする。

このタン、一人前2900円なんだけど、マジで何皿でも食べられる。

はっきり言ってこんなに美味いタンを食べたことないし、多分これ以上はないだろうと勝手に思っている。

うしごろ貫で特別に出してもらえた上タンよりも格段に美味しくて、僕は席から転げ落ちそうになったし、一緒に行った友人も一口目美味しさのあまり悶絶、お互いの時間が止まった。

タンなのに脂が多めなんだけど、サクッと食べれる食感でねぎ塩が絡まってるから全く重く感じない。

軽くレモンを絞って頂くタン塩とハイボールの相性はもはや最強である。

上タンも美味しい

次にこちらの中タン。

当然めちゃめちゃ美味しいけど、普通のタンよりも脂分が多く食感のぐにゅ感が強くなってる気がしてこっちの方が好きという人もいるかもしれないけど、僕は普通のタン推し。

でもめちゃめちゃ美味い。

幸せとユッケは同義である

必須のユッケ。

これは1人1人前で注文してみた。

日本の美味しいユッケって韓国のユッケよりも洗練されている味のイメージ、鮮度は変わらないんだけどタレはやっぱ日本の方が美味しく感じる。

今僕は断糖中だけどいつかこれをご飯に乗せて食べたいな。

タレ系は美味しいけど今ひとつかな

写真は上ロース、上カルビだったっけな。

美味しいけど絶品タン塩比べたらちょっとなといった感じ。

やはり僕はタン塩、ハイボールの相性が好きすぎた。

後からグルメブロガーさんのブログを読んでみたら、しっかりタン塩が絶品、他のはうーんて書いてあった。

先人はさすがだなと思った。

こういう予約の取りにくいお店では注文ミスが後からの後悔を生むから、すでに行っている人の口コミをしっかり読み込んでから来店をおすすめする。

会計は2人で26000円ほどだった。

特にグルメする時は僕お金の上限あんまり考えないタイプなので安いか高いかは正直分からない。

結構お酒飲んだし、これだけのタンを食べることができたならむしろ安いと思う。

タレ系で費用かさばった感あるから、大好きなタンの量増やしせば次は大満足かな。

清龍苑の食べログ

https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13237978/

住所:東京都江東区常盤2-14-11

電話番号:03-3632-2348

まとめ:清龍苑はタン塩縛り!

(最後にもう1度掲載)

実際行ってみて思ったのはタン塩好きならおすすめは人数×2のタン塩かな。

塩系はタン、ミノとユッケでお腹の7割いっぱいにして後はタレ系、サイドメニュー追加注文でいいと思う。

男性なら必ず食べ切れると思うし、後からタレ系でお腹を膨らます必要は全くない。

もはやタンとハイボールだけ食べとけ!

清澄白河て以外に都心からも近くていきやすいと思う、また定期的に行きたい。

おすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です