金森式断糖!まさかの高脂質食ダイエットで2ヶ月で5kg落とした

会食続きで10キロも太った。

確か高校生の時、身長は今と同じで体重は65kgだったと思う。

部活で筋トレもたくさんしていたし、ベンチプレスもたくさんやっていたからわりとムキムキ、自分が太るなんて正直思ってもいなかった。

そう、この前までの自分の体重は75kgだった。

鏡を見てイライラした

正直太った実感は体重計に乗ってから見るようになった。

ぷくぷく太って揺れるお腹あたりの贅肉、顔周りの脂肪が気になるようになって、ようやくダイエットをしようと思った。

ダイエットの知識なんて当時はなかったので、とにかく炭水化物を抜くというダイエット。

グルメが好きでこれまで生活していたので、案の定我慢できず夜食べてしまったりした。

ダイエット挫折、、、

これまで受験、仕事、株でも結果を出してきたからダイエットもそれなりに自信があった。

そんな甘くない。

本気でやろうと思った。

それからというものはいろいろなダイエットノウハウをリサーチしまくる日々。

  • 筋力をつけて基礎代謝を高め健康的に痩せる方法
  • 女性の多くが実践している夜だけ置き換える置き換えダイエット

色々ある。

そんな時目に入った1冊があった。

それが「まさかの高脂質食ダイエット」。

これは金森重樹さんていう天才マーケッターの方が監修したグラントピーターセンという海外の著者の本。

これが凄い。

単刀直入に言えば、「糖分を一切取らず高脂質で生活しろ!」というもの。

糖分によって生命維持するのではなく、脂質から糖分を作るケトン体になって何もしなくても脂肪を燃やし続けるというもの。

こんなことをいっても信憑性がないからまず結果から見せよう。

約二ヶ月で5キロ痩せた。

周りからは「あれ?顔ちょっとスッキリした?」「ちょっと痩せたんじゃない?」と言われるようになった。

もはや断糖高脂質の生活スタイルが習慣になりつつあるから、自分の中では特別なことをしているつもりはないんだけど、日々の行いが第三者の声から自分の変わった変化を伝えられたのは正直嬉しかった。

理論的に素晴らしかったから実践してみた

監修している金森重樹さんにはハイパワー・マーケティングの時からお世話になっているけど、とにかく理詰めで科学的実験結果など客観的事実が根拠にあるところが素晴らしいと思う。

文系脳の人ってなんだかすごそうな人が絶対こうだ!といえば、信じちゃう人が多いんだけど、理系出身の人は主張に根拠があって当然だと思う傾向が強いから基本的に信じない。

現にいろんなダイエットノウハウの本を読んでも海外の論文の引用や実験データなどが掲載されていることなんてほとんどないのよね。

例えば、「断糖高脂質ダイエットが良い!」とだけ言われれも僕は多分信じないが、この本のように科学的な実験や体の仕組みを理解した上でのダイエット理論なら信じられる。

なぜなら、データや実験によって裏打ちされたノウハウには再現性があるからだ。

こういう理論で、こういう実験で、体がこういう風に作用する、というのであれば、それは誰であれ同じ行動をすれば同じような結果が得られやすいということだ。

断糖高脂質食ダイエットのコア理論

糖質を一切取らないと人間は体内の脂質から必要な糖分を作り出す体になる。

これをケトン体といい、この状態になると運動せずとも脂肪が燃え続ける体になる。

ただしいくつかルールがあって、基礎代謝よりも1日の摂取カロリーを下げないことは重要。

なぜなら、基礎代謝よりも摂取カロリーが下がると体がエコモードになって生命維持を優先するため、体調不良などが起きる。

1日の必要タンパク質と脂質をしっかり取ることで、「お腹いっぱいの絶食状態」という状態を作ることができる。

体脂肪をエネルギーに変換するケトン体になることがメインノウハウ。

本には食べていい食品、食べちゃいけない食品、その他断糖高脂質ダイエットにまつわる理論がたくさん書いてあって読めば読むほど勉強になる良書。

期間は2ヶ月で実践してみた

正確に言えば2ヶ月というのは僕がこの記事を書くまでの期間でダイエット自体は今現在も行い続けてる。

スペイン旅行、韓国旅行などダイエットを考えないイベントが2度あったから、2ヶ月全く糖質を摂っていないということでもない。

友人のバースデーパーティーでイエガー、コカボム、など糖分をめちゃめちゃ摂ってしまったことはあったし、明け方〆のラーメンを食べてしまった日もあった。

このように期間的に言えば不完全な日もあるが、結果的に言えば、2ヶ月で無理せず5kgも落とすことができた。

ちなみに目標体重は65kg、あと5キロだ。

断糖高脂質食ダイエット中1日の食事内容

断糖高脂質食ダイエット中の食事メニューを紹介しよう。

朝ごはん

  • MCTオイル打ち込んだバターコーヒー
  • 電子レンジで食べれる焼鮭

間食

  • マカダミアナッツ
  • 牛脂炒め

夜ご飯

  • いきなりステーキミドルリブ油多め
  • 自宅で牛脂肉炒め
  • 牛脂スープ

買っておくといいもの

  • フリースタイルリブレ
  • 業務用牛脂3kg
  • マカダミアナッツ500g
  • コーヒーメーカー
  • グラスフェッドバター
  • MCTオイルたくさん

グーグル検索すればいろいろな実践者がいるし、Twitterには金森式というハッシュタグでコミュニティもできてきている。

情報も他のダイエットではありえないくらい出ているので興味があると勉強になるので見てみて欲しい。

断糖高脂質食中はお酒弱くなる感じがした

基本的にお酒は蒸留酒ならOK。

だから僕はハイボールを日頃から飲むんだけど、糖質生活をしていたころよりもお酒が弱くなった。

会食で言えばイエガー15杯とか一気しても潰れなかった僕だけど、ハイボールとウォッカを5杯くらい飲んだら家帰って水飲んで寝ても全然アルコールを分解せずずっと二日酔いみたいな状態になったことがあった。(これはほんと死にかけた)

次の日の15時くらいまで気持ち悪くて、水飲んでも治らなかったからここで2週間ぶりにポカリスエットで糖質を摂取した。

すると体調は嘘のように良くなった。

この経験から、アルコールを分解する肝臓がケトン体状態だと機能が低下するのではないかという仮説があるんだけど、これを読んでいる誰か、論文など知らない??

断糖高脂質食中の外食は焼肉ステーキ縛り

こういう生活をすると外食はどうしたらいい?と考えてしまうかもしれないが、焼肉とステーキは糖質0で良い油を摂れるから普通に楽しい。

当然食べ方はタレではなく、塩コショウにわさびと醤油。

これとハイボールなら糖質はほとんど0、美味しいし太らないし最高なのである。

こんなにいきなりステーキにお世話になる日が来るなんて思わなかった。

断糖高脂質食ダイエット中のいきなりステーキでは脂質が多いミドルリブを300g選択した上で注文の際に「油多めで!」と言おう。

これで1日に必要なタンパク質と脂質の多くを補うことができるので優秀だなと思っている。

ちなみに恵比寿でよく行く焼肉は、うしごろ貫。

上タンハイボールがものすごく美味しい。

まとめ:断糖高脂質食は習慣へ

2ヶ月もすればもうこういう食事に慣れて始め、炒めた牛脂は甘く感じ、お腹の減りをあまり感じなくなる。

起きてバターコーヒーを飲めば朝ごはん、昼ごはん何かを食べたくなるようなこともない。

お腹は減るけど別に食べなくていいかというような感覚で、2ヶ月前の僕のようにランチは恵比寿アンクルトムでイカたらこパスタ、夕飯は焼肉、夜食にカップヌードルトムヤムクン味なんて糖質生活ではない。

結果的に痩せる。

これはもはや習慣になった。

ここで最強の投資家、ウォーレン・バフェットの名言を一つ。

「習慣の鎖はとても軽いので気づかない。それが壊せないほど重くなるまでは」

ダイエット性交の鍵は習慣化にある。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です